徳島県電子入札ホームページ HOME サイトマップ

電子入札の概要

徳島県では、建設工事及び工事関連業務委託の発注において、電子入札を平成16年度から一部工事で導入を行い、その後順次拡大を行い平成18年度中に全面導入し、平成19年度から完全実施をしております。

1 電子入札システムの概要

電子入札は、従来の紙による入札手続を、インターネットを利用して電子的に行えるようにしたものです。入札参加者は、民間認証会社から購入したICカードを事前に県の電子入札システムに登録しておくことにより、パソコンから指名通知書の受信や入札書の送付などを行うことができます。また、入札情報サービスシステム(PPI)と連携されるため、入札予定や入札結果などの最新情報をインターネット上でどなたでも閲覧することができるようになります。

システムの概要は次のとおりです。

全体の流れ

 

2 導入対象案件

電子入札は、徳島県の各発注機関(農林水産部、県土整備部、企業局、教育委員会、警察本部)が発注する建設工事及び工事関連の業務委託について実施します。

電子入札で対象とする入札方式は次のとおりです。
 ・一般競争入札 (通常入札)
 ・一般競争入札 (入札後審査方式)
 ・公募型指名競争入札
 ・指名競争入札

3 電子入札に参加するためには

電子入札に参加するためには、インターネットの接続環境が整ったパソコン機器と、電子証明書(ICカード)及びカードリーダー等を購入して、事前準備を行う必要があります。
(「電子入札の事前準備」参照)

4 電子入札の運用上の留意点

電子入札の運用については、「徳島県電子入札システム運用基準」に基づき実施します。


  徳島県電子入札ホームページ 戻る